総合内科専門医のやりがいは?

総合内科専門医求人TOP >> FAQ >> 総合内科専門医のやりがいは?

総合内科専門医のやりがいは?

総合内科専門医になるためには、認定内科医の資格を取得後、数年間の研修を修了させなければいけません。なるまでの道のりは険しいですが、その分見返りも大きく、かつやりがいのある職業と言えるでしょう。特に転職にあたっては大きなアドバンテージとなり、年収の増加やさらなるスキルアップ、その後の独立開業など、新たなステップアップへの道も開けます。

総合内科専門医は循環器系や消火器、心臓疾患や神経系の病気など、あらゆる内科診療に精通しているプロフェッショナルです。医療現場では中核または監督役の立場にある人材と言えます。様々な知識や経験が求められるだけあって、すべての内科診療に関わることができるだけでなく、時には内科医を指導するなど、医療現場での教育・指導役も担います。

また、非常に多くの業務に携わることが可能です。診察と検査の結果を基に、治療計画の策定や処方する薬の選定のほか、日常生活でのアドバイスを行うなど、日々患者と向き合い、どう病気を治療していくのか考えるのが役割になります。限られた診察時間の中で、今までの知識や経験から答えを出すことが重要とも言えます。

時には患者へ別の専門医を紹介したり、セカンドオピニオンを薦めるなど、患者と医師・医療機関の橋渡し役も担います。これらも総合内科専門医の重要な役割で、やりがいを感じる方も少なくありません。例えば内科診療では対処できないと判断した場合、病状に合わせて外科医などを薦めます。

仕事にどのようなやりがいを感じるかは人それぞれです。しかし、総合内科専門医は資格の取得が難しい一方で、やりがいを感じる業務も少なくありません。常勤・非常勤ともに年収は高水準であり、将来的には独立開業する方もいるため、資格の取得後は様々なキャリアプランを選ぶことができるでしょう。総合内科専門医の資格取得者は、医療機関でも常に求められており、転職でも有利に働くのが特徴です。

今後内科医としてのステップアップを考えるなら、総合内科専門医の資格も視野に入れるべきでしょう。日本を取り巻く医療環境は日々変化していますが、内科医は身近な存在である一方、症状から病気を割り出し、時には患者の命を守る役割も担います。風邪などの病気から、命に関わる心臓疾患・循環器系の病気を抱えている方まで、最初に内科を受診する方は少なくありません。このような患者と向き合い、適切な治療・アドバイスを行うことが総合内科専門医で一番のやりがいと言えるでしょう。

総合内科専門医の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 総合内科専門医求人ガイド All Rights Reserved.