総合内科専門医の研修は?

総合内科専門医求人TOP >> FAQ >> 総合内科専門医の研修は?

総合内科専門医の研修は?

総合内科専門医になるためには、まず日本内科学会が実施する試験に合格しなければいけません。しかし、試験を受験するための資格として、所定の研修を受ける必要があります。研修に合格しないと受験資格が得られませんが、研修期間は最低でも3年間となっています。そのため、資格の取得までに数年を要する点に注意が必要です。

総合内科専門医の研修は所定の施設で実施されています。主に地域の総合病院や基幹病院など、病床数の大きな病院が研修施設を兼ねており、現場で内科医として働きつつ、総合内科専門医の認定試験に必要な受験資格の取得を目指します。内科医に必要な知識・経験を磨くのはもちろんのこと、日々の病院業務も研修を通じて学びます。

ただ、研修は非常に専門性が高くなっているので注意が必要です。研修を受ける前には幅広い分野の医療に関する知識のほか、医師としての倫理観、医療・福祉に関する制度の熟知など、多様な知識とスキルが求められます。これらは総合専門内科医の研修を通じて学ぶことも可能です。しかし、内科医として最低限必須になる知識とスキルであり、事前に身につけておくことが必須となっています。

研修プログラムの内容は多岐に渡ります。例えば専門的な内科診療の知識、包括的な医療のアプローチなどのほか、地域との医療面での連携や、それらに関するマネジメントといった様々な分野の内容を数年間で学んでいきます。総合内科専門医として働く上で必要な知識を身につけ、スキルを磨けるようになっているのが特徴です。

研修の内容は、医師に求められる資質や患者の権利について、医療行為の安全確保、臨床推論や手技、一般的な内科診療の症状と原因、治療についてなど、細かく分けられています。特に内科診療の症状に関連する研修は重要で、試験の受験資格となるサマリーの提出とも深い関わりがあります。また医療事故にも繋がる医療行為の安全性と安全の確保、患者のプライバシーや権利など、医療現場で求められる危機管理や権利についても研修で学ぶことになります。ただし、細かな研修内容は医療機関や施設によって変わる場合もありますので注意しましょう。

このような内容の研修を受けることで、総合内科専門医の試験に必要な受験資格を満たせます。研修では一度に学ぶ訳ではなく、数年をかけて段階ごとに学んでいきます。研修を実施している施設は都道府県によって異なりますので、日本内科学会などに確認しておきましょう。

総合内科専門医の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 総合内科専門医求人ガイド All Rights Reserved.