総合内科専門医と内科医の違いは?

総合内科専門医求人TOP >> FAQ >> 総合内科専門医と内科医の違いは?

総合内科専門医と内科医の違いは?

医師と一口に言っても出来る仕事はまったく異なり、内科医なら内科に関する治療の知識はたくさんあっても他の科の業務に関しては知らないことも多いものです。そんな特定の業務に関する知識を貯えてきたという方の中にはより深い専門知識と長年の経験を身に付け、さらに上の医師として働くことが出来る資格を得た方もいます。総合内科専門医はそうした優秀な内科医が得ることが出来る特別な資格なのですが、具体的に総合内科専門医と普通の内科医は何が違うのでしょうか。

総合内科専門医と内科医は知識量に大きな差があります。専門医はより深く特定の科に関する知識が求められるのですが、総合内科専門医にもなると内科医よりもはるかに優れた専門知識が求められるので、ただの内科医とはまったく違う医師と考えて良いでしょう。当然総合内科専門医になるまでには相当な苦労が必要になるので、総合内科専門医になりたいという方は仕事の合間に様々な知識を積極的に吸収してください。

総合内科専門医になるためには多くの経験が求められます。普通の内科医だったとしても長年働いていればどんどん経験が身についていくものですが、総合内科専門医になるためには実技経験も強く求められるため、総合内科専門医の資格を持っているということはそれに見合うだけの経験を積んでいるということになります。内科医として長年働いていて十分な経験を積んでいるという方は総合内科専門医の資格試験を受ける資格を満たしているので、内科医として長年働いているという方は是非チャレンジしてみてください。

総合内科専門医と普通の内科医の違いは待遇にも表れます。長年の経験と高度な知識を積んでいる総合内科専門医はし悪を取得しているというだけで優秀な人材であるということが分かるので、自然と待遇も良くなります。勤め先によっては年収に倍近くの差が生まれることもあるので、より好待遇な職場で働きたいという方は総合内科専門医の資格を取得した上で転職活動を始めると良いでしょう。もちろん今働いている職場で働いていても、総合内科専門医の資格を取得すれば待遇が上がるはずです。

総合内科専門医は普通の内科医から努力を重ねることでなることが出来る上位の医師とも言える存在です。当然転職活動や就職活動の際には非常に有利な武器となるので、今の職場から離れてもっと良い職場で働きたいという方はこの資格を取得することでさらに好待遇で働ける可能性をアップさせることが出来ます。もちろん難しい資格なので簡単に合格できるとは限りませんが、将来を良いものにするためにも積極的に挑戦してください。

総合内科専門医の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 総合内科専門医求人ガイド All Rights Reserved.