総合内科専門医のメリットは?

総合内科専門医求人TOP >> FAQ >> 総合内科専門医のメリットは?

総合内科専門医のメリットは?

総合内科専門医は、認定内科医になった後数年間の研修を行い、試験に合格しないと取得できない資格です。なるまでには長期間を要しますが、総合内科専門医の資格を取得するメリットはあるのでしょうか。確かに認定内科医の上位資格の位置付けになっていますが、取得までに時間がかかることから、さほどメリットは無いように見えます。

しかし、認定内科医の資格を持っているのであれば、総合内科専門医を目指すメリットは非常に大きいと言えるのです。今後のスキルアップや年収アップ、転職のことを考えるなら、むしろ取得を目指すべきと言って良いでしょう。総合内科専門医の資格は、様々な面において有利に働くからです。医療現場で活躍できる人材であるため、認定内科医と比較してキャリアプランも広がるでしょう。

総合内科専門医は内科のプロフェッショナル的存在です。あらゆる内科診療に精通している証拠であり、資格を有するだけでも転職で大いに役立ちます。地域の事情にもよりますが、内科は医療の根幹にあり、医師が常に求められています。求人数も多くある一方で、競争率の高いケースも珍しくはありませんが、総合内科専門医の資格があれば、採用される可能性も高くなるのです。医療現場で認定内科医では対応できない場合でも、総合内科専門医なら対応できるという強みがあります。

また、年収の高さもメリットと言えるでしょう。医師の年収は1,000万円を超え、地域によっては1,500万円近くになります。総合内科専門医はこの年収を超えられるチャンスを秘めており、常勤はもちろんのこと、非常勤においても高年収を実現できる可能性があります。一般的な非常勤医師は年収も低い傾向にありますが、総合内科専門医に関しては例外もあり、手当などを含めると、非常勤でも高年収を得られることがあるのです。非常勤の求人を選び、ゆとりのある生活を送ることも不可能ではありません。

総合内科専門医は、他の内科医の指導的立場に立てる人材で、医療現場での指揮や指導教育に当たる場合もあります。そのため、医療機関で教育者としてのキャリアを目指すことも可能です。認定内科医には無い、大きな強みとも言えるでしょう。

他の専門医を紹介する役割を担うなど、総合内科専門医は重要な役職であると同時に、キャリアアップのチャンスや年収アップなど、様々なメリットを持ちます。認定内科医として働くことも決して悪くはありません。しかし、更に上を目指すなら資格取得を目指しても良いと言えるでしょう。

総合内科専門医の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 総合内科専門医求人ガイド All Rights Reserved.