総合内科専門医の将来・今後は?

総合内科専門医求人TOP >> FAQ >> 総合内科専門医の将来・今後は?

総合内科専門医の将来・今後は?

内科認定医からのステップアップとして、総合専門内科医を希望する方は少なくありません。しかし、新しい専門医の制度が始まるなど、総合専門内科医を取り巻く環境は刻々と変化しています。そもそも、日本を取り巻く医療・福祉環境は常に変化をしていますので、このような制度変更はその一環に過ぎないと言えます。日本の医療全体が抱える問題も少なくありませんが、一方で内科医に対するニーズも増えているのが実状です。

日本は高齢化社会を迎えており、人口に高齢者が占める割合は将来的に大きな問題になる、と言われています。そのため、医療を充実させることが課題になっています。都市部はもちろんのこと、地方でも医師の人数を増やすことが急務です。特に医療の地域間格差をなくすためにも、内科医については人数の確保が必要不可欠であるとされています。

このような事情もあることから、総合専門内科医のニーズは増えていくと考えられます。そのため、医療業界においては将来的にもっとも重要な役割を持つようになると言えるでしょう。将来性があるだけでなく、今後も総合専門内科医は医療機関で求められていく人材になります。

総合内科専門医の平均的な年収は1,200万円〜1,500万円(常勤の場合)です。内科医は全体的に平均年収が高めですが、中でも総合内科専門医は年収の高さが特徴になっています。もちろん勤務先の医療機関や地域によって変わりますが、年収が高水準であるため、将来的な安定性が魅力的と言えるでしょう。

また、総合内科専門医の大きな強みとも言えるのが、臨床経験と知識の多さになっています。このため、認定内科医の常勤と比べても年収の水準は高くなっており、場合によっては非常勤でも高い年収を得られるのです。地域により常勤・非常勤での年収格差がほとんど無いため、非常勤を選ぶことも悪くはないと言えるでしょう。

総合内科専門医は、内科医の中でもトップレベルの知識と経験を有する人だけが得られる資格です。資格によってそれが証明されており、一般の内科医への指導が出来る権限も持っています。大きなアドバンテージとなり、一般診療から救急搬送時の処置まで、幅広い現場での活躍が期待できます。

総合内科専門医は将来性は非常に大きく、今後は重要性が高まると考えられています。チャンスがあるなら、総合内科専門医を目指すべきと言えるでしょう。試験の合格率など狭き門ではありますが、将来性を加味すると、目指す価値は十分にあります。

総合内科専門医の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 総合内科専門医求人ガイド All Rights Reserved.