総合内科専門医の60代の求人は?

総合内科専門医求人TOP >> FAQ >> 総合内科専門医の60代の求人は?

総合内科専門医の60代の求人は?

医療現場では、60代の医師が第一線で活躍しているケースも珍しくはありません。総合内科専門医も中にはおり、医療現場を任されるほど重要な役割を担っていることもあります。転職を希望する方も決して少なくはありませんが、数十年の中で身につけた知識と経験、臨床実績など、活かせるものが非常に多くある点が強みと言えます。即戦力として働くことも難しくはなく、現場で重宝されるようになるでしょう。

60代の総合内科専門医の求人は、総合内科や一般内科などの病院から、療養型病院、老人保健施設と多岐に渡ります。募集年齢は求人によりけりではあるものの、60代の募集を行っている求人は、すぐに第一線で働ける即戦力を求めている場合がほとんどです。新規開業から人材不足の穴埋めまで、理由も様々ですが、いずれも即戦力となれる60代が求められています。

また、これらの求人は年収や待遇が良い場合も珍しくはありません。経験に応じて年収がアップする求人も中にはありますので、転職によって年収アップを実現することも不可能ではないのです。60代となると、今までに様々な臨床経験の実績があり、かつ知識やスキル長年の医師生活の中で積み上げています。このため、それらが評価され、高年収を実現することも難しくはありません。ただし、面接で伝える必要がありますので、臨床実績などはしっかりアピールできるようにしましょう。

転職先候補も豊富にあります。大学病院などの医療機関や老人ホーム、介護施設といった老人保健施設、そして内科医のニーズが高いケアミックス型病院まで、自身の希望する環境に応じて様々な求人から選べるのが魅力です。働き方や年収、待遇などは異なりますので、自分に合った求人を見つけてみると良いでしょう。

大学病院・総合病院は年収の高さが、老人保健施設・ケアミックス型病院などは、休日を確保しやすいのがメリットです。反面、大学病院などは休日が取りづらく、老人保健施設などは年収がやや低い傾向にあります。老人保健施設も経験によって年収がアップする場合もありますが、面接を受ける際は年収や待遇などの希望も伝えることが重要です。

志望動機もアピールしましょう。臨床の実績なども大切ですが、志望動機を伝える必要があります。転職先によって動機は変わるかもしれませんが、なぜその求人を選んだのか、しっかりアピールすることが重要です。即戦力になれる強みを志望動機に盛り込むのも良いでしょう。

総合内科専門医の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 総合内科専門医求人ガイド All Rights Reserved.