総合内科専門医の50代の求人は?

総合内科専門医求人TOP >> FAQ >> 総合内科専門医の50代の求人は?

総合内科専門医の50代の求人は?

50代ともなると、総合内科専門医は医療現場で重要な役割を担うことになります。認定内科医の時代を含め、すでに20年〜30年の医師経験がある方も多く、豊富な知識とスキル、そして臨床経験の実績が転職において大きな武器となるでしょう。これらを活かせば、年収アップやキャリアアップはもちろんのこと、自身のライフスタイルに応じて転職先を選ぶことも難しくはありません。

50代の総合内科専門医の主な転職先候補は、各種病院や老人保健施設、保健所など様々あります。いずれも年収や業務内容、求められる知識やスキルなどが異なるため、自分の経験を活かせる転職先を選ぶようにしましょう。今までの臨床実績や経験を考え、慎重に選ぶことが重要です。

大学病院や総合病院の一般内科・総合内科は年収のアップ、キャリアアップが期待できます。地域によって求人数や年収には開きがありますが、いずれも高年収と手厚い各種手当が魅力と言えます。ただし、50代の総合内科専門医は即戦力になれる人材であるため、現場で必要とされる機会が多く、今まで以上に多忙となる可能性がある点に注意が必要です。

老人保健施設は老人ホームや介護施設などが該当します。常勤の医師が求められており、総合内科専門医の需要も高いのです。特に老人保健施設は高齢者の体調管理が重要になっており、内科医としての経験を活かせる職場でもあります。不特定多数の患者と向き合う病院とは違い、入所する高齢者一人一人と向き合うのが特徴です。

保健所の求人は少ないですが、施設の所長は医師でなければいけないと義務づけられています。総合内科専門医も所長として働くことが可能で、特に50代の方なら経験を活かせる職場になっています。患者を直接診察する一般的な医療とアプローチの方法が異なりますが、健康を守るという点では共通しています。

このように、50代の総合内科専門医は多くの転職先候補があります。ただし、注意しておきたいのは、転職先によって日々の業務量に大きな隔たりがあること、年収が下がってしまう可能性があることなどです。転職を考え始めた段階で慎重に検討する必要があるでしょう。

例えば病院勤務から老人保健施設へと転職した場合、忙しさは無くなりますが、年収はやや下がる場合があります。また逆の場合も同様で、自身のライフスタイルが変化する可能性がある点を気に留めておきましょう。求人を選ぶ際は、これらを加味して考えることも重要です。

総合内科専門医の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 総合内科専門医求人ガイド All Rights Reserved.