総合内科専門医の40代の求人は?

総合内科専門医求人TOP >> FAQ >> 総合内科専門医の40代の求人は?

総合内科専門医の40代の求人は?

医療機関で働く総合内科専門医は、主に40代のベテランが第一線で活躍しています。総合内科専門医認定試験の合格者数も40代が多く、認定内科医として長期間経験を積んだ後、総合内科専門医へステップアップしていることが分かります。20年近い内科医の経験を持っている方も中にはおり、内科医を必要とする現場では即戦力としての活躍が期待できます。

総合内科専門医の求人は、40代のベテランを求めている医療機関なども少なくありません。特に内科医が不足している現場では、即戦力になれる40代のニーズが高いのです。臨床経験が豊富にあり、かつ知識やスキルに優れた40代の総合内科専門医は、それらをアピールできれば、転職でも有利に働くでしょう。特に臨床経験の実績は自分にとっての大きな強みとなるだけでなく、転職活動における重要なアピールポイントとなります。

しかし、志望動機を忘れてはいけません。どのような転職活動でも言えることですが、志望動機は採用の正否を分ける重要なファクターです。何故その求人を希望するのでしょうか。求人へ応募した理由が必ずあるはずですが、しっかり言葉で伝えられるよう、じっくり考えてみるのも良いでしょう。知識や経験、臨床実績などが豊富にあったとしても、志望動機が曖昧なままでは採用までの道のりが険しくなります。

40代の総合内科専門医は、転職先の候補も様々あります。よりスキルに磨きをかけたい方、更なる臨床実績を積みたい方であれば、大学病院や総合病院が候補になるでしょう。一般内科はもちろんのこと、総合内科も視野に入るのが総合内科専門医のメリットです。今までの経験などを活かせるだけでなく、よりスキルや実績を伸ばしていくことができます。

他にも療養型病院やケアミックス病院、老人保健施設や保健所など、多数の転職先候補が存在します。いずれも外来の多い大学病院・総合病院のような忙しさはなく、落ち着いて働けるのが特徴です。ただし、保健所以外は患者や高齢者の容態が急変する可能性もあります。病院の忙しさが苦手な方、患者や高齢者一人一人としっかり向き合いたいと考えている方は、これらの求人が候補となるでしょう。

臨床経験を積むか、今までの経験を活かしたいかなど、考え方によって転職先候補は変わります。しかし、数多くの臨床経験を持ち、内科診療に対する深い知識を持っているのが40代の総合内科専門医の強みです。志望動機を明確にするのはもちろん重要ですが、転職先もじっくり選ぶようにしましょう。

総合内科専門医の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 総合内科専門医求人ガイド All Rights Reserved.