総合内科専門医の30代の求人は?

総合内科専門医求人TOP >> FAQ >> 総合内科専門医の30代の求人は?

総合内科専門医の30代の求人は?

合格率は低いですが、30代で総合内科専門医の資格を取得すれば、今後の様々な面において有利に働くと考えられます。実は総合内科専門医は、30代の方が多く活躍しているのです。地域にもよりますが、求人も比較的揃っていることから、転職を希望する方も少なくはありません。総合内科専門医は、総合病院や大学病院などの医療機関を始め、多様な選択肢もあるのがメリットと言えるでしょう。

20代の総合内科専門医と比べて、臨床経験も多数こなしており、かつ知識やスキルも豊富なのが30代の強みとなります。男性・女性ともに活躍できる場は多く、大規模な病院の総合内科はもちろんのこと、経験を活かし、小さな個人のクリニックで非常勤として働くなど、働き方も多種多様です。一般診療から緊急搬送の現場まで、あらゆる場面での活躍が期待できます。

また病院やクリニックにとどまらず、各種介護施設などの選択肢もあります。いずれも内科医のニーズが高い施設であり、内科診療に関する豊富な知識と経験を持った総合内科専門医が活躍できる場所です。特に特別養護老人ホーム、介護老人保健施設では、常勤の内科医の配置が必要になっています。病院とは異なる業務、医療対応を行うことになりますが、介護を必要とする高齢者の健康を守りたいと考えている方、介護施設で働きたいと考えている方は、これらの施設も候補となるでしょう。

求人へ応募し、面接を受ける際にアピールしたいポイントは、自身の強みと過去の経験、そして患者や高齢者とどう向き合いたいかです。どのような強みを持っているのか考え、面接でアピールするようにしましょう。また、認定内科医の研修なども踏まえ、過去の臨床経験や実績を伝えることも忘れてはいけません。面接では特に重視するべきポイントと言えます。

総合内科専門医は、医療機関では不特定多数の患者と、介護施設などでは多数の高齢者と向き合う仕事です。特に人柄やコミュニケーション能力が求められます。内科診療を必要とする方々とどう向き合って仕事をしたいか、面接ではしっかりアピールできるよう準備しておきましょう。

内科医の求人は20代〜50代・60代と、幅広い年代の医師を募集しているケースも珍しくありません。しかし、若い医師を積極登用している現場や、高齢者を診療することから、若い方を希望する求人も多数あります。求人記載の年収や勤務先を確認するのはもちろんのこと、自分の強みや経験も考慮して選びましょう。

総合内科専門医の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 総合内科専門医求人ガイド All Rights Reserved.