総合内科専門医の20代の求人は?

総合内科専門医求人TOP >> FAQ >> 総合内科専門医の20代の求人は?

総合内科専門医の20代の求人は?

医療現場において、20代はまだまだ新人といっても過言ではありません。しかし、20代で総合内科専門医の資格を有しているということは、内科診療で非常に優れた才能を持つことの証明になります。将来性もあり、また数多くの臨床経験を持っていることから、医療現場で求められる人材といっても良いでしょう。

20代の内科医は求人も豊富にあり、求人探しで困るようなケースはほとんどありません。そのほとんどは特定臓器の診療を担える一般内科の募集ですが、総合的な内科診療を総合内科専門医であれば、求人の選択肢も広がるでしょう。総合内科の募集はもちろんのこと、一般内科も十分視野に入ると考えられます。

また、大学病院や総合病院などの大規模な医療機関に限らず、クリニックや療養施設、介護施設や老人ホームなど、20歳の総合内科専門医が活躍できる場は少なくありません。高齢化社会を迎え、ニーズが高まりつつ訪問介護においても、総合内科医は非常に重要な存在となっています。このため、将来的にキャリアアップしたい場合やスキルを身につけたい場合、どのような施設で働くかをしっかり見極める必要があります。

例えば、将来は開業医として活躍したいなら、総合病院や大学病院で知識と経験を身につける方法も良いでしょう。非常勤が良いのであれば、訪問介護や介護施設、療養施設なども候補になります。働き方やライフプランを見据え、様々な選択肢から選べるのが20代の総合内科専門医の強みです。

しかし、医療現場で数多くの経験を積んだ30代以上の総合内科専門医とは異なり、20代は経験がほとんど無い状態と言えます。これまでの経験をアピールすることも大切ですが、求人では今までに得た知識や臨床実績をアピールすることになるでしょう。認定内科医時の研修を通じて、どのようなことを学び何を身に付けたかや、過去に携わった臨床についてなど、30代以上の総合内科専門医と比べて経験が少ない分、他の要素を強みとしてアピールすることが重要です。

勤め先となる病院や施設で持っているスキルをどう活かせるか、どう活躍したいかを考えることも必要になります。採用側にとって重要なポイントは、採用する価値があるか否かです。例え知識が豊富で臨床実績が多いとしても、活躍できる人材でなければ採用の可能性は低くなります。面接時にやる気をアピールするのはもちろんのこと、自分自身の強みを伝えていくようにしましょう。

総合内科専門医の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 総合内科専門医求人ガイド All Rights Reserved.